top of page

うつ病に対する治療で脳内のネットワークが改善する


脳内には様々な部位同士の神経走行の繋がりがあり、このような繋がりを一体として捉え、「ネットワーク」と読んでいます。


今回は、うつ病の入院治療で、脳内のネットワークがどのような影響を受けるかを調べた発表(35th European College of Neuropsychopharmacology (ECNP) Congress)をご紹介します。


Jonathan Repple, MDらによって実施されたこの研究には、123人(そのうち55人が比較対照としての健常者で、残りはうつ病のために入院した患者)が参加しました。


うつ病で入院した患者には、薬物療法、精神療法、ECT(電気けいれん療法)のうち、いくつかが実施されました。


治療開始時より、複数回にわたって6週間の経過を、MRI画像で確認しました。


結果として、以下のことが示されました。


・うつ病で入院した患者の多くで、健常者よりも脳内ネットワークの機能が低下していました。


・6週間の治療経過で、うつ病患者における脳内ネットワークは機能が改善していることが、画像検査で確認され、これは症状の軽減と関連を示していました。


・脳内ネットワークの機能改善は、行った治療内容には関係なく、生じていました。


要約:『うつ病の治療により、比較的短期間で脳内ネットワークは改善する可能性がある』

近年、様々なかたちで脳の可塑性(神経細胞の単体や繋がりの変化)が指摘されていますが、この研究では、それが比較的短期間の治療で生じる可能性が示されていました。


もりさわメンタルクリニック:https://www.morisawa-mental-clinic.com/

rTMS治療:

YouTubeチャンネル(オンライン講座):https://www.youtube.com/channel/UCd8RS50q_Ol_x82AL9hhziQ

閲覧数:29回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page