アメリカ睡眠学会の提言


アメリカの睡眠学会から、健康な睡眠が生物にとって必須であることを確認し、睡眠についての教育、医療従事者の睡眠に関する意識・実践内容の改善を求める提言がありました。


Sleep is essential to health: an American Academy of Sleep Medicine position statement

睡眠は健康に必須腕ある:アメリカ睡眠学会からの提言


健康な睡眠とは、睡眠の長さだけではなく、睡眠の質や適切なタイミング、規則性、睡眠障害のないことが必要であるとし、以下のような“健康な睡眠のコツ”を示しています。


S: Set boundaries for blue light exposure.

ブルーライトを制限しよう。眠る前の30分~60分前にはテレビ等の電子機器から離れましょう。情報をチェックしたい誘惑を抑えるために、ベッド脇に電子機器を置かないようにしましょう。


L: Limit alcohol, caffeine, and large meals before bedtime.

アルコール、カフェイン、多めの食事は控えましょう。眠る前のアルコール等は睡眠障害の元になるのでやめましょう。どうしてもお腹が空いたら、砂糖の入っていない少量の食事にしておきましょう。

E: Establish a bedtime and morning routine.

眠る前や朝の習慣をつくりましょう。夜の決まったリラックスのための習慣(読書や瞑想等)を取り入れましょう。


E: Ensure that the bedroom is a designated space for sleep.

ベッドを眠るための場所として確保しましょう。環境は暗く、静かで、少し涼しくしましょう。ベッドでテレビを見たり、読書はせずに眠るためだけに使いましょう。


P: Pursue support.

助けを求めましょう。継続する睡眠障害に関しては、適切な情報を載せたサイト(SleepEducation.org)や専門家を頼りましょう。


集中力低下による適応障害や事故、精神疾患や循環器などの身体疾患を防ぐ上で、睡眠を重視する姿勢が大切であると思われました。




10回の閲覧0件のコメント