アルコールによる脳の構造的変化は断酒後もしばらく継続する


多量飲酒によって神経繊維の走行など、脳の微細な構造が変化することが指摘されています。


この飲酒による脳の構造変化は、飲酒を止めると速やかに停止するのでしょうか?


今回は、アルコール乱用について人間とラットの共通した脳の構造変化を調べた研究をご紹介します。


Microstructural White Matter Alterations in Men With Alcohol Use Disorder and Rats With Excessive Alcohol Consumption During Early Abstinence

アルコール使用障害のある人間とラットにおける脳の微細構造変化


アルコール使用障害のある91人とアルコールを好むラットの脳の微細構造を画像検査を用いて調べています。


結果として、人間とラットの双方において、アルコール摂取を止めた後、2~6週においても脳の構造変化は進行していることが示されました。


つまり、飲酒を止めても、すぐに脳への影響が止むわけではなく、長期間の断酒が必要であると考えられました。


27回の閲覧0件のコメント