アルコール依存症の治療において12ステップのプログラムは他の心理療法より有効か?


飲酒問題を解決したいと願う自助グループに、アルコホーリクス・アノニマス(Alcoholics Anonymous)があります。


そこで採用されている回復のための方法は“12ステップのプログラムTwelve‐Step Facilitation (TSF) ”と呼ばれています。


キリスト教の影響もあり、日本の文化に馴染みにくいという感想もあるかもしれませんが、アルコール依存のみではなく広く“嗜癖(アディクション)”に対する有効性が示されている手法です。


今回は、このアルコホーリクス・アノニマス/12ステップのプログラム(AA/TSF)と認知行動療法等その他の心理療法のアルコール依存症に対する効果を比較した研究を分析した結果(メタ・アナリシス)についてご紹介させてください。


Alcoholics Anonymous and other 12‐step programs for alcohol use disorder

アルコホーリクス・アノニマスと12ステップのプログラムの有効性


AA/TSFと他の心理療法の効果を比較した、10,565人の参加者を含む27の研究が分析の対象となりました。


結果として以下のことが示されました。

AA/TSFの方が、認知行動療法を主とする他の心理療法よりも、断酒を継続する上で有効でした。(例:1ヶ月後の断酒継続率が21%高い)

AA/TSFでは健康維持に関する全体の費用が軽減していました。


つまり、多くの他の心理療法の平均的効果よりは12ステップのプログラムの方が、アルコールをやめる上で役立つ可能性が高い、ということが言えそうです。


心理療法では、個人とその心理療法の特性との“相性”も大切であると思います。


12ステップのプログラムが有効という話があっても、内容を呼んで「?」という方は多いと思うので、導入やサポートのあり方には工夫が必要であると考えられました。


#アルコール依存症

〒790-0005 愛媛県松山市花園町4-12
和光ビル2F 
TEL:(089)997-7670 FAX 997-7671
Copyright © もりさわメンタルクリニック  All rights reserved.