アルコール関連の死亡は増えているか?


アメリカではここ20年間、アルコール消費、アルコール関連の救急受診や入院が増え続けていると言います。


今回は、このようなアルコールの問題と並行して、アルコールによる死亡も増えているのか調べた研究です。


Using Death Certificates to Explore Changes in Alcohol-Related Mortality in the United States, 1999 to 2017

アルコール関連の死亡率変化について死亡証明を資料とした調査


1999年から2017年にわたる16歳以上の死因について調べました。


直接の死因となっていなくても、間接的な、あるいは複数の死因の一つであってもアルコールの関連死と捉えて分析しました。


結果として、研究期間で1年あたりのアルコールの関連死は、35,914人→72,558人と倍増していました。


上記のアルコールの関連死のうち30.7%は肝臓疾患によるもので、17.9%はアルコールだけか他の薬物と同時の過剰摂取でした。


論文中では死亡証明におけるアルコールの死因への貢献は、通常実際よりも過小に評価されて、死亡原因として記載されない傾向があるとされています。よって、実際にはもっとアルコールの問題は大きいのではないかと推定しています。


日本でも同様の傾向はあると思われ、アルコール問題は常に身体・精神の両側面から意識する必要があると考えました。


#アルコール依存症

7回の閲覧
〒790-0005 愛媛県松山市花園町4-12
和光ビル2F 
TEL:(089)997-7670 FAX 997-7671
Copyright © もりさわメンタルクリニック  All rights reserved.