top of page

アルツハイマー病に対する経頭蓋直流電気刺激の効果




脳の刺激法にはいくつかあり、最近は磁気を用いたrTMS等が良く知られていますが、微量の電流を用いたものにtDCS(経頭蓋直流電気刺激)があります。


今回は、アルツハイマー病に対するtDCSの効果を調べた研究をご紹介します。


Impact of twice-a-day transcranial direct current stimulation intervention on cognitive function and motor cortex plasticity in patients with Alzheimer’s disease

アルツハイマー病に対する経頭蓋直流電気刺激の効果


アルツハイマー病に罹患した124人が対象となり、実刺激(tDCS)を行う61人と偽刺激を行う63人に振り分けました。


6週間にわたって(週5日)、背外側前頭前野と呼ばれる領域を刺激して、認知能力変化を調べました。


結果として、以下の内容が示されました。


・tDCSを行ったグループでは認知能力、特に記憶に関連する単語再生、単語認識等が改善していました。


・運動誘発電位(MEP)によって脳の可塑性(電気に対する反応の変化)を調べ、可塑性の障害が高度であるほうが認知能力が低下していました。


要約:『アルツハイマー病に直流の電気刺激を行うと、記憶の改善に有効であるかもしれない』


長期的な効果は不明ですが、脳の対する電気的刺激が少なくとも研究期間内では、記憶に対して改善効果を認めていた結果でした。

閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示

留言


bottom of page