top of page

アンフェタミン関連の入院について

◎要約:『アンフェタミン関連の入院は近年急激な増加を示しており、アメリカの医療経済を圧迫している』





近年、アンフェタミン(いわゆる“覚醒剤”)の使用が増加傾向にあると言われています。


今回は、アメリカにおけるアンフェタミン関連の入院について調べた研究をご紹介します。


アンフェタミン関連の入院、臨床経過、経済的負担

Evaluation of Amphetamine-Related Hospitalizations and Associated Clinical Outcomes and Costs in the United States


2003~2015年におけるアンフェタミン関連の入院1,292,300件(41.9%が女性、平均37.5歳)が調査の対象となりました。


アンフェタミン関連以外の入院と比較した結果として、以下の内容が示されました。


・65歳未満が多く(98.0% vs 58.0%)、男性が多く(60.3% vs 41.1%)」、医療援助の利用が多く (51.2% vs 17.8%)、アメリカ西海岸の居住者が多く (58.5% vs 18.9%)なっていました。


・2005~2008年で一度低下しましたが、2008年の55,447件から2015年の206,180件に増加を示していました。


・他の物質障害よりも高い割合で、増加を示していました。



アンフェタミン関連の入院が大きな増加を示していることと、様々な特徴を有していることが確認される内容でした。

閲覧数:8回0件のコメント

Komentar


bottom of page