top of page

オメガ3多価不飽和脂肪酸の不安に対する効果

◎要約:『オメガ3多価不飽和脂肪酸の摂取によって、不安症状が軽減する可能性がある』





今回は、オメガ3多価不飽和脂肪酸(以下、PUFA: Polyunsaturated Fatty Acidと表記)を摂取することによって、不安症状の軽減が得られるのかについて調べた研究の分析(メタ・アナリシス)をご紹介します。


オメガ3多価不飽和脂肪酸の摂取と不安症状の変化

Association of Use of Omega-3 Polyunsaturated Fatty Acids With Changes in Severity of Anxiety Symptoms

A Systematic Review and Meta-analysis


PUFAの不安に対する効果を調べた19の論文が、今回の分析の対象となりました。PUFAを摂取した対象者は合計で1,203人(平均43.7歳、女性55.0%、平均PUFA摂取量1605mg/ d)でした。


結果として、以下の内容が示されました。


・プラセボを対照としていた研究でも、対照としていない研究でも、PUFAの摂取と不安症状の軽減が関連していました。


・治療が必要なレベルの不安症状がある場合の方が、PUFAによる不安症状の軽減は大きくなっていました。




様々な研究が混在しており、今回の分析で明らかにPUFAが不安に有効と考えることは困難ですが、他の薬物療法との併用は考えられるかもしれません。

閲覧数:15回0件のコメント

Comments


bottom of page