top of page

ゲーム障害に有効な治療とは?


思春期の精神科臨床の中で、不登校とともに相談が多いのがゲーム障害(依存)です。


今回は、ゲーム障害に有効な治療を多くの文献で調べた研究(システマティック・レビュー)をご紹介します。


Effective interventions for gaming disorder: A systematic review of randomized control trials

ゲーム障害に有効な治療法


ゲーム障害の治療効果を調べたRCT(ランダム化比較試験)の研究を検索し、最終的に7つの研究が基準に合致しました。


以下の5つの研究の効果が調べられていました。

・グループカウンセリング

・経頭蓋直流電気刺激法(transcranial Direct Current Stimulation:tDCS)

・嗜癖による渇望に対する行動療法(craving behavioral intervention :CBI)

・ 受容と認知再構成による介入プログラムthe acceptance and cognitive restructuring intervention program (ACRIP)

・短期認知行動療法(CBT)


上記のうち、tDCS以外は、統計的に意味のあるゲーム障害に対する効果を認めていました。


要約:『ゲーム障害に対する効果で、今のところRCTによる証拠が提示されているのはグループカウンセリング、CBI、ACRIP、CBTである』


日本で比較的実施可能性が高いものとしてグループカウンセリングとCBTが考えられますが、治療資源が乏しく、実施が困難であるのが現状と思われます。


CBTの要素を取り入れながら日常の臨床を行い、有効性を高めることが考えられました。



もりさわメンタルクリニック:https://www.morisawa-mental-clinic.com/

rTMS治療:

YouTubeチャンネル(オンライン講座):https://www.youtube.com/channel/UCd8RS50q_Ol_x82AL9hhziQ

閲覧数:38回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Kommentare


bottom of page