コンピューターによる認知修正がアルコール依存の再発を防ぐ


アルコール依存症の治療目的で入院され、断酒していた方でも、退院して間もなく再飲酒してしまう方が少なくありません。


今回は、コンピューターによる認知修正トレーニング:Cognitive bias modification (CBM)を行うことによるアルコール依存治療への効果(断酒の継続)について調べた研究をご紹介します。


Effect of Cognitive Bias Modification on Early Relapse Among Adults Undergoing Inpatient Alcohol Withdrawal Treatment

A Randomized Clinical Trial

アルコール離脱目的の入院後、早期再飲酒に対する認知の偏り修正による効果


アルコール離脱のために入院した300人(平均43.47歳、173人が男性)が研究の対象となりました。


対象者をランダムに2つのグループにわけ、147人が認知修正トレーニング、153人が他のプログラムに参加し、その後の経過を調べました。


結果として、認知修正トレーニングを行ったほうが、退院後2週間の再飲酒が少なくなっていました(42.5% vs 54.4%)。


コンピューターを用いたコストの低いトレーニングならば、実施可能な病院も増え、患者さんの利益が大きいと考えられました。


#アルコール依存

〒790-0005 愛媛県松山市花園町4-12
和光ビル2F 
TEL:(089)997-7670 FAX 997-7671
Copyright © もりさわメンタルクリニック  All rights reserved.