top of page

パンデミック期間中における摂食障害


COVID-19によるパンデミック期間中に、うつ・不安・物質依存等、様々な精神状態の悪化が指摘されてきました。


今回は、パンデミック期間中に摂食障害による救急受診と入院にどのような変化があったのかを調べた研究をご紹介します。


Acute presentations of eating disorders among adolescents and adults before and during the COVID-19 pandemic in Ontario, Canada

COVID-19パンデミック期間中における摂食障害の急性症状(思春期と成人の場合)


カナダのオンタリオ州における研究で、パンデミック以前と以後について、幅広い年代(10~105歳)での摂食障害に起因する救急受診や入院がどのように変化したのかを調べています。


結果として、以下の内容が示されました。


・救急受診については多くの年代で増加していました(例:10~17歳:2.21倍、18~26歳:1.13倍、41~105歳:1.15倍)。


・入院については、増加していたのは思春期(10~17歳)のみで、他の年代では減少していました。


要約:『パンデミック期間中、摂食障害に起因する救急受診は増えていたが、入院については傾向が年代によって異なる』


パンデミック期間中の医療サービス利用については、精神状態のみではなく、解釈には様々な要素(感染の回避、入院した際の厳しい行動制限等)が関与するのではないかと思われました。



もりさわメンタルクリニック:https://www.morisawa-mental-clinic.com/

rTMS治療:

YouTubeチャンネル(オンライン講座):ttps://www.youtube.com/channel/UCd8RS50q_Ol_x82AL9hhziQ

閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentarios


bottom of page