top of page

ビタミン補充とうつ症状の改善効果


うつ病(状態)に対するビタミンDの効果については、有効だという意見もありますが、まだ議論があるところです。


今回は、ビタミン欠乏のあるうつ病について、ビタミンD高用量注射の効果を調べた研究をご紹介します。


The effect of 2 different single injections of high dose of vitamin D on improving the depression in depressed patients with vitamin D deficiency: a randomized clinical trial

ビタミンD欠乏のうつ病に対する2種類の高用量ビタミンD補充注射の効果


うつ症状(BDIで17点以上)、ビタミンD欠乏がある120人が対象となりました。


2種類の高用量注射300,000IUと150,000IU、投与なしの3か月後におけるうつ症状の比較を行いました。


結果として、以下の内容が示されました。


・ビタミンD欠乏の割合は、注射を行ったグループで大きく低下し、血漿中カルシウム濃度(ビタミンDの効果)も大きくなっていました。


・うつ症状の改善を認めた(投与なしとの明らかな差異を認めた)のは300,000IUの投与を行った場合だけでした。


要約:『ビタミンDの投与はうつ病に対して効果を認めることもあるかもしれないが、ビタミン欠乏があり、高用量を用いた時のみであるかもしれない』


ビタミンDがうつ病(症状)に効果を認めるためには、様々な条件が必要であると思われました。



もりさわメンタルクリニック:https://www.morisawa-mental-clinic.com/

rTMS治療:

YouTubeチャンネル(オンライン講座):https://www.youtube.com/channel/UCd8RS50q_Ol_x82AL9hhziQ

閲覧数:37回0件のコメント

תגובות


bottom of page