マインドフルネスで血圧は下がるのか?


瞑想などの実践を通して今この瞬間に意識を向ける方法をマインドフルネスと言い、現在うつや不安等の精神的な症状だけではなく、がんの疼痛等の身体的症状にも適応が広がっているやり方です。

今回はストレスの要因も大きな影響を与えるといわれる高血圧症の治療に、マインドフルネスが有効かを調べた研究をご紹介します。

Mindfulness-Based Blood Pressure Reduction (MB-BP): Stage 1 single-arm clinical trial

48人がこの調査に登録され、43人が10回のマインドフルネスセッションのうち7回以上を終えました。

結果として、1年経過したフォローアップで収縮期血圧で平均6.1mmHgの低下を維持しており、最も効果が顕著な例では15.1mmHgの降圧を認めました。

一般的なマインドフルネスではハードルが高い場合もあるかもしれませんが、今回の場合は高血圧治療に的を絞って、在宅で行えるかたちを採っており、脱落も比較的少なかったよう思われます。

今後も効果の大きい非薬物的治療の選択肢が広がると、薬物に抵抗感のある方や薬の効きにくい方に対する大きなメリットになると思われました。

#高血圧症 #マインドフルネス

0回の閲覧
〒790-0005 愛媛県松山市花園町4-12
和光ビル2F 
TEL:(089)997-7670 FAX 997-7671
Copyright © もりさわメンタルクリニック  All rights reserved.