top of page

一般的な精神衛生と暑さの関連


昨日は、精神疾患がある場合の、暑さと精神状態悪化の関連についてお伝えしました。


今回は、一般的な精神衛生について、気温上昇との関連を調べた研究をご紹介します。


Increasing ambient temperature reduces emotional well-being

気温上昇は情動の状態悪化をもたらす


アメリカにおける研究で、2008~2013年に得られた190万人からの調査回答を元にしています。


外気温の変動、居住地域、気候変化等から、温度と精神状態との関連を推定しています。


結果として、以下の内容が示されました。


・華氏70度(摂氏21度)以上では、ポジティブな感情(喜びや幸福感)が減少していました。


・同様の温度変化で、ネガティブな感情(ストレスや怒り)、倦怠(疲労感や活力低下)が増加していました。


・上記の変化は、特に低学歴や高齢者で強く生じていました。


要約:『温度の上昇によって、ポジティブな感情が減少し、ネガティブな感情や倦怠が増加する可能性がある』


暑さを判断する温度設定が低いと感じましたが、アメリカにおける感覚とは開きがあるのかもしれません。



もりさわメンタルクリニック:https://www.morisawa-mental-clinic.com/

rTMS治療:

YouTubeチャンネル(オンライン講座):https://www.youtube.com/channel/UCd8RS50q_Ol_x82AL9hhziQ

閲覧数:17回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Kommentarer


bottom of page