top of page

人生のどのような要素が認知能力に影響を与えるのか?


昨日は、強い心理的ストレスの影響下においても、運動習慣は認知症リスクを軽減することをお伝えしました。


今回は、人生におけるどのような要素が、後の認知能力に影響を与えるのか調べた研究をご紹介します。


Identifying the lifetime cognitive and socioeconomic antecedents of cognitive state: seven decades of follow-up in a British birth cohort study

認知能力を予想する生活史の因子


イギリスの健康と発達に関する全国的な調査を元にした研究で、1,762人の地域に住む人々を対象としています。


アポリポ蛋白の遺伝子型、父親の社会的階級、子ども時代の認知能力、教育、中年期の職業的特性、中年期の言語機能等が参考にされました。


結果として、以下の内容が示されました。


・アポリポ蛋白の遺伝子型(APOE ε4)と認知能力とは、ネガティブな関連性(一方が多いと他方は少ない)を持っていました。


・大きな影響を持つ予測因子は、子ども時代の認知能力と中年期の言語能力でした。


・教育到達度や職業特性も、中等度の影響を与えていました。


要約:『後年の認知能力には、様々な要素が影響を与えるが、特に遺伝子型や子ども時代の認知能力・中年期の言語機能が予測因子として考えられる』


認知能力には、それぞれの要素が独立に影響を与え、総合的な結果として認知症に至る姿が想像されました。



もりさわメンタルクリニック:https://www.morisawa-mental-clinic.com/

rTMS治療:

YouTubeチャンネル(オンライン講座):https://www.youtube.com/channel/UCd8RS50q_Ol_x82AL9hhziQ

閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page