top of page

前頭側頭葉型認知症と統合失調症には脳の特徴に類似点がある


統合失調症は疾患概念の形成期に“早発性痴呆”と呼ばれていた歴史があり、特に慢性期の症状においては認知症と多くの共通点を持っています。


今回は統合失調症と(行動障害型)前頭側頭型認知症との間に脳の解剖学的な共通点がどのくらいあるか調べた研究をご紹介します。


Exploring Links Between Psychosis and Frontotemporal Dementia Using Multimodal Machine Learning

Dementia Praecox Revisited

https://jamanetwork.com/journals/jamapsychiatry/fullarticle/2794930

マルチモーダル・マシン・ラーニングを用いて精神病と前頭側頭型認知症の共通点を探す


(行動障害型)前頭側頭葉型認知症、アルツハイマー病、統合失調症、うつ病の診断を受けている合計1,870人が対象となりました。



MRI画像のデータをマシン・ラーニングを用いて情報処理し、統合失調症・うつ病と認知症との共通点を分析しました。