top of page

合成麻薬やアンフェタミンの陽性率と過量服薬による死亡の関連


嗜癖につながるような精神作用のある薬物には、意識障害や呼吸抑制、循環動態に対する影響等の副作用があり、過量服薬によって死亡に至る場合があります。


今回は、尿検査の薬物陽性率と過量服薬による死亡率の関連を調べた研究をご紹介します。


Analysis of Urine Drug Test Results From Substance Use Disorder Treatment Practices and Overdose Mortality Rates, 2013-2020

物質障害治療における薬物尿検査と過量服薬による死亡の分析


物質障害の治療で採取された薬物検査のための尿サンプル500,000(57.7%が男性、平均34歳)が対象になりました。


5種類の薬物(ヘロイン、コカイン、メタンフェタミン、合成麻薬、その他の麻薬)を対象として、薬物検査の結果と過量服薬による死亡との関連を調べました。


結果として、国全体のレベルで薬物反応の陽性と過量服薬による死亡は関連を示していましたが、特に関連が強くなっていたのは、合成麻薬とメタンフェタミンでした。


要約:『合成麻薬やアンフェタミンの陽性率と過量服薬による死亡は高い関連を示している』


薬物による影響を測定する目的で薬物検査の結果が有効である可能性が考えられました。



もりさわメンタルクリニック:https://www.morisawa-mental-clinic.com/

rTMS治療:

YouTubeチャンネル(オンライン講座):https://www.youtube.com/channel/UCd8RS50q_Ol_x82AL9hhziQ

閲覧数:18回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page