top of page

嗅覚トレーニングで認知機能の一部が改善するかもしれない


昨日は健常者において、嗅覚トレーニングにより嗅覚機能改善や脳の構造的変化が起こる可能性についてお伝えしました。


今回は、認知症患者を対象に嗅覚トレーニングの認知機能に対する効果を調べた研究をご紹介します。


Effect of intensive olfactory training for cognitive function in patients with dementia

認知症患者に対する嗅覚トレーニングの効果


認知機能低下のある65人を対象として、嗅覚トレーニングを行うグループ(34人)と通常の治療のみを行うグループ(31人)に分けました。


嗅覚トレーニングを行うグループには1日2回の嗅覚トレーニングを15日間行い、認知機能、うつ症状に関する検査を行いました。


結果として、以下の内容が示されました。


・通常治療のみと比較して、うつ症状、注意、記憶、言語機能で改善を認めました。


・全般的認知機能、遂行機能、視空間認知においては違いを認めませんでした。


要約:『嗅覚の集中的トレーニングによりうつ症状や認知機能の一部に改善をみとめる可能性がある』


特に集中的な嗅覚トレーニングを行うと、認知機能に何らかの良い影響を与える可能性があると思われました。



もりさわメンタルクリニック:https://www.morisawa-mental-clinic.com/

rTMS治療:

YouTubeチャンネル(オンライン講座):https://www.youtube.com/channel/UCd8RS50q_Ol_x82AL9hhziQ

閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Commentaires


bottom of page