top of page

外傷性脳損傷、パラコート暴露、パーキンソン病との関連


外傷性脳損傷後に、パーキンソン病が増加するのではないかという指摘があります。


また、除草剤に使用されるパラコートが長期の潜伏期間を経て、パーキンソン病発症に影響を与えるとの指摘もあります。


今回は、外傷性脳損傷にパラコート暴露が加わった時に、どのような影響があるのかを調べた研究をご紹介します。


Traumatic brain injury, paraquat exposure, and their relationship to Parkinson disease

外傷性脳損傷、パラコート暴露、パーキンソン病との関連


アメリカのカリフォルニア州における研究で、パーキンソン病患者357人と健常者754人が、研究の対象となりました。


外傷の歴史や、居住地域から除草剤(パラコート)への暴露量を推定し、パーキンソン病発症への影響を調べました。


結果として、以下の内容が示されました。


・外傷性脳損傷があった場合には、パーキンソン病発症のリスク(オッズ比)が2倍に上昇していました。


・パラコート暴露があった場合には、わずかにパーキンソン病発症のリスク(オッズ比)が上昇していました(1.36倍)。


・外傷性脳損傷+パラコート暴露があった場合には、パーキンソン病発症のリスク(オッズ比)が3倍に上昇していました。


要約:『外傷性脳損傷、パラコート暴露の両方とも、パーキンソン病発症への影響があるが、両方が存在すると影響がさらに大きくなる』


パラコートは人体へ有害であることから製造が中止されていますが、様々な側面で健康への影響が大きいようです。



もりさわメンタルクリニック:https://www.morisawa-mental-clinic.com/

rTMS治療:

YouTubeチャンネル(オンライン講座):https://www.youtube.com/channel/UCd8RS50q_Ol_x82AL9hhziQ

閲覧数:13回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page