top of page

子育てプログラムで養育や子どもの能力にどのような影響があったか?


昨日は、体罰の子どもに与える影響について多くの研究を概観した内容をお伝えしました。


今回は、アメリカで長年行われてきた子育てプログラム(Head Start program)がどのような影響をもたらしたか調べた研究をご紹介します。


Changes in Parents’ Spanking and Reading as Mechanisms for Head Start Impacts on Children

子育てプログラムの影響を支える親の体罰や読み聞かせの変化


Head Start programはアメリカで50年以上行われている子育てプログラムで、親と子どもの両方を対象としており、子どもの家庭や学校における生活を向上させることを意図しています。


今回は3歳児(2,063人)を対象として全国規模で調査が行われました。


調査で分かったこととして、以下のようなことがあります。


・プログラムは(間接的と思われるが)、4歳時の書字能力の向上及び、攻撃性の低下と関連している。


・それらの影響を介在した要素として、親の体罰減少と読み聞かせの増加が考えられた。


要約:『親の体罰を減らしたり、読み聞かせを増やすことで、子どもの能力や精神面での適応力が向上する可能性がある』


親の養育態度が変わることで、短期間の経過でみた場合でも、子どもの能力や生活に良い影響を与えることが期待される内容でした。



もりさわメンタルクリニック:https://www.morisawa-mental-clinic.com/

rTMS治療:

YouTubeチャンネル(オンライン講座):https://www.youtube.com/channel/UCd8RS50q_Ol_x82AL9hhziQ

閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page