top of page

成人ADHDと認知症リスク

以前から、複数の研究において、うつ病や睡眠障害と認知症リスクとの関連が指摘されてきました。



今回は、成人ADHDと認知症リスクとの関連について調べた研究をご紹介します。


Adult Attention-Deficit/Hyperactivity Disorder and the Risk of Dementia

成人ADHDと認知症リスク


イスラエルにおける研究で、1933~1952年に生まれた109,218人が対象となりました。


経過を観察し、成人期のADHDとその後の認知症発症との関連を調べました。


結果として、以下の内容が示されました。


・ADHDの診断があった場合に認知症を発症する割合が増えていました(ADHDあり13.2% vs ADHDなし7.0%)。


・統計的分析では、ADHDがあった場合には、ADHDがなかった場合に比較して、発症のリスク(ハザード比)が3.62倍となっていました。


・抗ADHD薬の有無に関する影響は明らかではありませんでした。


要約:『成人期のADHDは、その後の認知症発症リスクを上昇させるかもしれない』


どのような機序によるのかは分かりませんが、使用薬剤などの他の付随する要因を調整しても、ADHDの存在は、その後の認知症リスクを高めるという結果でした。




もりさわメンタルクリニック:https://www.morisawa-mental-clinic.com/

rTMS治療:

YouTubeチャンネル(オンライン講座):ttps://www.youtube.com/channel/UCd8RS50q_Ol_x82AL9hhziQ

閲覧数:11回0件のコメント

Comments


bottom of page