top of page

手術の不安に対する電気刺激(tDCS)の効果

◎要約:『手術前の経頭蓋直流電気刺激(tDCS)は、不安等の精神症状を軽減する可能性がある』






うつ・不安の軽減や運動機能の回復等のため、脳への物理的刺激を行う方法の一つとして、頭蓋の外から微量の電流を通電する経頭蓋直流電気刺激(以下“電気刺激”と表記)の効果が議論されてきました。


今回は、手術の前に電気刺激を行い、不安などに対する効果を調べた研究をご紹介します。


Transcranial Direct Current Stimulation for Anxiety During Laparoscopic Colorectal Cancer Surgery

A Randomized Clinical Trial

大腸がん手術に伴う不安に対する経頭蓋直流電気刺激(tDCS)


大腸がんに対する腹腔鏡手術を受ける196人(平均63.5歳、63.3%が男性)が対象となりました。


手術の前日と当日に電気刺激を行うグループと偽刺激を行うグループに分けて、不安などの指標を比較しました。


結果として、以下の内容が示されました。


・電気刺激を行ったグループの方が、周術期の不安の出現が少なくなっていました(電気刺激38.8% vs 偽刺激70.4%)。


・電気刺激を行ったグループの方が、手術後のせん妄(精神症状を伴う意識障害)の出現が少なくなっていました(電気刺激8.2% vs 偽刺激25.5%)。


・その他、痛みの程度、睡眠の質、手術後の疲弊等においても、電気刺激を行った場合の方が有利な結果となっていました。




経頭蓋直流電気刺激(tDCS)については、効果の有無に関してまだ議論があり、どのような場合に効果があるのか、適応について今後の検証が期待される内容でした。

閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Commentaires


bottom of page