top of page

抗うつ薬の腰痛や変形性関節症・坐骨神経痛に対する効果


先日、抗うつ薬の慢性疼痛に対する効果について、明らかな有効性を示した比較試験は多くないことをお伝えしました。


今回は、日本でも多く使用されている整形外科領域でのSNRI(抗うつ薬の一種)を含めて、有効性を確認してい調査(システマティック・レビューとメタ・アナリシス)をご紹介します。


Efficacy and safety of antidepressants for the treatment of back pain and osteoarthritis: systematic review and meta-analysis

腰痛と変形性関節症に対する抗うつ薬の有効性と安全性


33の臨床試験(5,318人の参加者)が対象となりました。


SNRIや他の抗うつ薬(三環系抗うつ薬)について、腰痛や変形性関節症に対する有効性を調べています。


結果として、以下の内容が示されました。


・SNRIの腰痛軽減には中等度の証拠(痛み軽減の平均値-5.30/100段階)がありましたが、変形性関節症や坐骨神経痛に対する証拠は明らかではありませんでした。


・三環系抗うつ薬が痛みを軽減する証拠は明らかではありませんでした。


・SNRIが腰痛を元に発生する障害を軽減する証拠は中等度でした(2週間で-3.55)。


要約:『SNRIの腰痛や変形性関節症に対する効果について統計的には証拠があるが、臨床的に意味があるかは不明である』


参加者数が多く、わずかな差異でも統計的には意味があるという解釈も可能ですが、実生活で意味があるかは別の問題であると考えられました。



もりさわメンタルクリニック:https://www.morisawa-mental-clinic.com/

rTMS治療:

YouTubeチャンネル(オンライン講座):https://www.youtube.com/channel/UCd8RS50q_Ol_x82AL9hhziQ

閲覧数:98回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page