top of page

新しいタイプの睡眠薬と従来型睡眠薬の比較


睡眠に使用される薬剤には様々なタイプのものが存在します。


今回は

1. ふらつきや転倒が少ないと言われている新しいタイプの睡眠薬(ここでは、スボレキサント)

2. 従来型睡眠薬の中では比較的ふらつきや転倒が少ないと言われている「準」従来型睡眠薬であるZドラッグ(名称の綴りにZが入ることから名付けられたグループ名。ゾピクロン、エスゾピクロン、ゾルピデム)

上記1と2を比較した研究をご紹介します。


Comparative risk of fracture in community-dwelling older adults initiating suvorexant versus Z-drugs: Results from LIFE study

スボレキサントとZドラッグに関する骨折リスクの比較


日本の longevity improvement and fair evidence (LIFE) study のデータベースを用いた研究であり、65歳以上のスボレキサント(16,148人)か、Zドラックを始めた人(54,327人)を対象としています。


上記の対象者における入院を必要とする骨折が起こる割合を30日、60日、90日の期間で比較しました。


結果として、以下の内容が示されました。


・30日間の比較で、スボレキサント vs Zドラックの危険性の割合(ハザード比)は、大腿骨頚部骨折1.01倍、全ての骨折1.03倍となっており、明確な差異はありませんでした。


・観察期間を60日、90日と延長しても同様で、差異は明らかではありませんでした。


要約:『骨折のリスクを比較したところ、スボレキサントとZドラッグで明らかな差異はないかもしれない』


違う指標を用いた時には、スボレキサントのメリットが明らかになることもあるかもしれませんが、今回の「入院が必要な骨折」という視点からは差異ははっきりしませんでした。



もりさわメンタルクリニック:https://www.morisawa-mental-clinic.com/

rTMS治療:

YouTubeチャンネル(オンライン講座):https://www.youtube.com/channel/UCd8RS50q_Ol_x82AL9hhziQ

閲覧数:32回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page