top of page

新しい抗うつ薬(ズラノロン)の早い効果


通常、抗うつ薬は(種類にもよりますが)毎日服用して、2~6週間で効果を発揮すると説明されます。


この効果発揮までの期間はうつ病治療にとって、治療を維持する上での壁になります。


今回は新しい抗うつ薬(ズラノロン)の効果を確認した臨床試験の結果についてお伝えします。


Zuranolone for the Treatment of Adults With Major Depressive Disorder: A Randomized, Placebo‐Controlled Phase 3 Trial

うつ病に罹患した成人の治療におけるズラノロンの効果


18~64歳の重度のうつ病に罹患した543人の参加者をズラノロン(毎日50㎎の服用)と偽薬のグループに分けて、2週間の経過観察を行いました。


結果として、以下の内容が示されました。


・15日目の評価で明らかに、ズラノロンのグループで改善がおおきくなっていました(うつ病尺度HAM-Dの得点で、ズラノロン-14.1 vs 偽薬-12.3)。


・最初の3日における評価でもズラノロンの改善が大きくなっていました(同様に、ズラノロン-9.8 vs 偽薬-6.8)。


・各グループの2人ずつが副作用を経験しました(ズラノロンのグループで9人、偽薬のグループで4人が副作用のために服用を中断しました)。


要約:『ズラノロンはうつ症状の改善に有効で、比較的早期(3日目)に効果を発揮する可能性がある』


副作用も少なく、効果の早い抗うつ薬として、期待が持てる内容だと思いました。



もりさわメンタルクリニック:https://www.morisawa-mental-clinic.com/

rTMS治療:

YouTubeチャンネル(オンライン講座):https://www.youtube.com/channel/UCd8RS50q_Ol_x82AL9hhziQ

閲覧数:106回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page