新型コロナウィルス感染症による嗅覚障害への経頭蓋直流電気刺激法(tDCS)の効果


新型コロナウィルス感染症(COVID-19)では、嗅覚障害が起こる場合があり、それが後遺症として長引くこともあります。


今回は、COVID-19の後遺障害として嗅覚障害があった場合に、経頭蓋直流電気刺激法(tDCS)を行い、その効果を調べた研究をご紹介します。


Impact of tDCS on persistent COVID-19 olfactory dysfunction: a double-blind sham-controlled study

持続的なCOVID-19による嗅覚障害に対する経頭蓋直流電気刺激法(tDCS)の効果


COVID-19後6ヶ月以上経過して嗅覚障害が継続している7人の連続した来訪患者が対象となりました。


第1時点:トレーニングも電気刺激もなし

第2時点:嗅覚トレーニング+偽刺激10回終了

第3時点:嗅覚トレーニング+直流電気刺激10回終了

第4時点:トレーニングと刺激終了3ヶ月後

という各時点で嗅覚障害を調べました。


結果として、全例で第1時点から第2時点では改善を認めなかったが、第2時点よりも直流電気刺激を行った後の第3時点で嗅覚障害の明らかな改善を認めました(嗅覚の尺度では2~3倍のスコア改善度)。そして、第4時点でも効果が維持されていました。


つまり、“新型コロナウィルス感染症(COVID-19)による持続的な嗅覚障害に対して、経頭蓋直流電気刺激(tDCS)の効果が大きいかもしれない”と言えそうです。


大きな規模の試験ではありませんが、嗅覚障害の大きな改善を認めており、他に有効な手段が少ない領域なので、期待を感じさせる内容でした。

閲覧数:23回0件のコメント