治療抵抗性うつへのケタミン注射は精神病症状を悪化させない


海外認可されている治療抵抗性うつ病へのケタミン注射ですが、元来の麻酔薬としての性質から、副作用として幻覚等の精神病症状を悪化させるのではないかという指摘がありました。


今回は、治療抵抗性のうつ症状にケタミン注射を行った際に、本当に精神病症状を悪化させるのかを調べたシステマティック・レビュー(複数の論文を一定の基準にしたがって調査・分析した研究)をご紹介します。


Ketamine Treatment for Depression in Patients With a History of Psychosis or Current Psychotic Symptoms: A Systematic Review

精神病の既往と現在の精神病症状をもつ患者におけるうつのケタミン治療


41人の患者を含む9つのレポートが分析の対象となりました。


これらの結果をまとめると、ケタミンの短期的投与は以前に精神病症状があった場合や現在精神病症状がある場合でも症状を悪化させないことが示されました。


副作用はあっても、わずかであり、自制内(大きく行動などの影響を及ぼさない範囲)であったとのことです。


国内での認可について期待が高まっている治療抵抗性のうつ症状に対するケタミン注射ですが、精神病症状で適応範囲を限定する必要性は高くないようです。

8回の閲覧0件のコメント