深い眠りの減少は初期アルツハイマー病のサインかも知れない


認知症の治療は初期であるほど治療薬の効果も大きく、早期発見が大切であると言われます。


しかし、実感されるほどの物忘れや遂行能力の低下が出現した時点では、すでに細胞レベルの病態は進行した状態にあり、さらに早期のサインがないか探求されてきました。


今回は、初期のアルツハイマー病のサインとして、脳波に現れる深い眠りの減少があるのではないかという内容です。


Reduced non–rapid eye movement sleep is associated with tau pathology in early Alzheimer’s disease

ノンレム睡眠の減少と初期アルツハイマー病におけるタウ蛋白症


60歳以上の119人が対象となり、睡眠の状態と認知機能、画像検査や検体検査を含むアルツハイマー病の各種検査を行い、経過を観察しました。


結果として、認知機能が実際に低下する前の段階(タウ蛋白の蓄積する病態)で、深い睡眠であるノンレムの睡眠(脳波ではゆっくりした波で確認)が減少していました。


アルツハイマー病の検査として多くの検査が考案されていますが、高価な設備が必要であったり、患者さんへの侵襲が大きかったりします。


脳波検査で非常に初期のアルツハイマー病が発見できるのであれば、メリットが大きいかもしれません。

10回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示
〒790-0005 愛媛県松山市花園町4-12
和光ビル2F 
TEL:(089)997-7670 FAX 997-7671
Copyright © もりさわメンタルクリニック  All rights reserved.