top of page

産後うつの症状経過




通常、出産に関連したうつ病(状態)については、「産後うつ」という言葉の通り、通常は出産後にうつ状態が発症すると考えられています。


今回は、出産に関連するうつ状態の経過が実際にはどのような経過をたどるのかを大規模なデータで調べた研究をご紹介します。


Perinatal Trajectories of Maternal Depressive Symptoms in Prospective, Community-Based Cohorts Across 3 Continents

産後うつの症状経過


参加者の居住地域はカナダ、イギリス、シンガポールで、11,563人(平均29歳)が対象となりました。


妊娠前から出産後2年後までを含めて、うつ症状の経過を調べました。


結果として、うつ症状は妊娠期から出産後を通して、比較的同レベルで推移し、これは治療を必要とするうつ状態でも同様でした。


要約:『出産に関連するうつ状態は、妊娠期からすでに始まっているのかもしれない』


出産に関連するうつ状態のサポートは、出産後ではなく、妊娠期(か、それ以前)に始められるべきなのかもしれません。



もりさわメンタルクリニック:https://www.morisawa-mental-clinic.com/ 

rTMS治療:

YouTubeチャンネル(オンライン講座):https://www.youtube.com/channel/UCd8RS50q_Ol_x82AL9hhziQ 

閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Commentaires


bottom of page