瞬間的な映像の提示で恐怖症が軽減するか?


特定の対象への恐怖を克服するために暴露療法(恐怖の対象に意図的に接して、恐怖の軽減を図る方法)がすすめられることがあります。


しかし、元々恐怖の対象であるものに自分から接して、克服するような方法は強い精神的負担が生じ、実施が困難なことが少なくありません。


今回は、意識にのぼらないような短い時間の恐怖対象の提示を繰り返して、恐怖症による脳の活動が低下するか調べた研究をご紹介します。


Brain-based mediation of non-conscious reduction of phobic avoidance in young women during functional MRI: a randomised controlled experiment

無意識の恐怖低減法に関する機能的MRIを用いた検証


18~29歳の女性82人(42人が蜘蛛に対する恐怖症、40人は恐怖症のない比較対照)が研究の対象となりました。


脳の働きが分かるMRI画像で、恐怖症で認められる脳の活動とその活動が無意識的暴露で低減するか調べました。


結果として、以下の内容が示されました。

①蜘蛛の画像を瞬間的にみせると恐怖症のある場合は、他の画像(花の画像)よりも脳の活動が高まっていました(特に、下前頭回や尾状核といった感情の制御を行っている部位)。

②瞬間的な画像提示による無意識的暴露を行った後では、生きた蜘蛛に接したときの反応が低減していました。


つまり、瞬間的な画像提示による無意識的暴露でも恐怖症の治療に有効である可能性が考えられました。


意識的に暴露を行うには多くの忍耐を必要とするので、このような方法で暴露が可能であれば、治療の選択肢として考えられると思いました。


#恐怖症 #暴露療法

6回の閲覧
〒790-0005 愛媛県松山市花園町4-12
和光ビル2F 
TEL:(089)997-7670 FAX 997-7671
Copyright © もりさわメンタルクリニック  All rights reserved.