神経刺激は記憶力を向上させるか?


脳の電気刺激による認知能力改善については、以前から議論があります。


今回は、てんかんのコントロール目的で、植え込まれた装置による刺激で、記憶力が改善するのか調べた研究をご紹介します。


Brain Stimulation Using Responsive Neurostimulation Improves Verbal Memory: A Crossover Case–Control Study

神経刺激装置による脳刺激の言語的記憶に対する効果


てんかんのコントロール目的で神経刺激装置(ほとんどが前頭-側頭回路の刺激)を埋め込んでいる17人が研究の対象となりました。


12個の言葉を含んでいるリストを覚え、3つの別の課題の後、思い出せるか確認しました。


結果として、偽の刺激と比較すると、神経刺激を行った場合のほうが言語的記憶力の向上を認めました(効果量d=0.627)。


つまり、“脳に対する電気刺激を行うことにより、言葉を覚えるような短期の記憶力が向上する可能性がある”ということです。


少数例での臨床試験であり、これだけで電気刺激の有効性は確認できませんが、今後認知症等への応用が期待される内容でした。

閲覧数:28回0件のコメント