top of page

禁煙の薬がアルコール減量にも効果があるかもしれない


ニコチン依存とアルコール依存は合併することが多く、片方が改善するともう一方も良くなることがあります。


今回は、禁煙に使用されるバレニクリンやシチシン、ニコチン(ここではスプレー)使用がアルコール量に与える影響について調べた研究をご紹介します。


Effectiveness of Varenicline and Cytisine for Alcohol Use Reduction Among People With HIV and Substance Use

A Randomized Clinical Trial

HIVと物質障害を伴っている場合の、アルコール摂取減量に関するバレニクリンとシチシンの有効性


HIVと物質障害を伴っているアルコール摂取、喫煙者400人(平均39歳、平均喫煙21本/日)が対象となりました。


バレニクリン、シチシン、ニコチン(ここではスプレー)を偽薬と実薬で組み合わせてグループを作成し、それぞれの効果が分かるように比較を行いました。


結果として、以下の内容が示されました。


・バレニクリンとシチシンはニコチンよりアルコール摂取において有効ということはありませんでした。


・全てのグループで禁煙率は高くなっていましたが、各グループでの違いは分かりませんでした。


・全てのグループでアルコール摂取が非常に多い日(痛飲 Heavy Drinkingの日)が少なくなっていました(例として、バレニクリンの実薬を使用した場合には、痛飲の日が9.5→2.0日/月と減少)。


要約:『禁煙に使用される薬剤は、アルコール摂取を減らすためにも役立つ可能性がある』


論文の中でも触れられているように、喫煙と飲酒を行う場所は共通である場合も多く、心理的な要因も影響すると考えられました。



もりさわメンタルクリニック:https://www.morisawa-mental-clinic.com/

rTMS治療:

YouTubeチャンネル(オンライン講座):https://www.youtube.com/channel/UCd8RS50q_Ol_x82AL9hhziQ

閲覧数:19回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Komentarze


bottom of page