top of page

筋力トレーニング等の運動が片頭痛を少なくする


片頭痛の治療には薬物療法の他、認知行動療法やマインドフルネス等の心理療法、様々な身体運動が有効であると言われています。


今回は、様々な強度の運動を比較して、どのような運動が片頭痛に有効なのかを調べた分析結果(メタ・アナリシス)をご紹介します。


What is the efficacy of aerobic exercise versus strength training in the treatment of migraine? A systematic review and network meta-analysis of clinical trials

片頭痛の治療において、有酸素運動と筋力トレーニングのどちらが有効か?


片頭痛に対する運動の効果について比較した21本の研究(1,195人の参加者、平均35歳)が分析に含まれました。


筋力トレーニングと有酸素運動(高強度、中強度)、薬物療法(トピラマート、アミトリプチリン)を1ヶ月あたりの片頭痛発作の回数変化で比較しました。


結果として、筋力トレーニング-3.55、高強度の有酸素運動-3.13、中強度の有酸素運動-2.18、薬物療法(トピラマート)-0.98、アミトリプチリン+3.82となっていました。


要約:『片頭痛に対する運動で、比較的効果が高いのは筋力トレーニングである』


強度の高い運動をするほうが、片頭痛の回数を減らす上で有効であるようです。



もりさわメンタルクリニック:https://www.morisawa-mental-clinic.com/

rTMS治療:

YouTubeチャンネル(オンライン講座):https://www.youtube.com/channel/UCd8RS50q_Ol_x82AL9hhziQ

閲覧数:20回0件のコメント

最新記事

すべて表示

コメント


bottom of page