精神病の分類を再検討する


診察をしていて一つの疾患についても、非常に大きな違いがあるのに驚きます。


同じうつでも、不安や焦燥が著しいものやひたすら落ち込みが強く、低活動のもの等、一概に同じ病気として考えて良いものか、首を傾げるような場合もあります。


実際、診断自体は現行の分類で、同一の診断にするとしても、症状に合わせて対応や治療を変えるということもしばしばです。


今回は、「精神病」」について、様々な指標を分類して、さらに細かく分けて、さらにその妥当性の検証まで行った研究をご紹介します。


An Investigation of Psychosis Subgroups With Prognostic Validation and Exploration of Genetic Underpinnings

The PsyCourse Study

予後や遺伝学的検証を含む精神病下位分類の調査


精神病(統合失調症)に罹患している1223人(平均42.7歳)が調査の対象となりました。


最初に765人で特徴を調べ、分析の結果(より細かい分類)を出して、その後残りの458人で、経過と遺伝学的な妥当性について調べました。


結果として、以下の5つの分類が考えられました。※以下、( )内は人数

①情動変化型(252)

②自殺リスク型(44)

③抑うつ型(131)

④高機能型(252)

⑤重症型(86)


上記のうち特に③抑うつ型と⑤重症型の機能的予後が悪く、適応は限られ、特に重症型は再燃を繰り返す傾向がありました。


特に③と⑤に関しては注意しながら悪化/再燃予防を図る等、それぞれの分類に応じた対応が考えられそうです。


分類を詳細に行うことによって、診断が煩雑になり過ぎることは混乱を招きそうですが、病態評価を深め、対応をよりきめ細やかに行える可能性はあると思われました。


#統合失調症

0回の閲覧
〒790-0005 愛媛県松山市花園町4-12
和光ビル2F 
TEL:(089)997-7670 FAX 997-7671
Copyright © もりさわメンタルクリニック  All rights reserved.