top of page

脂肪量と脳体積の関係


肥満と認知能力低下との関連について指摘されることがあります。


今回は、様々な部分の脂肪量と脳体積との関連について調べた研究をご紹介します。


Visceral and Subcutaneous Abdominal Fat Predict Brain Volume Loss at Midlife in 10,001 Individuals

中年期における腹部の内臓・皮下脂肪と脳体積減少


10,001人の中年期健常者(平均52.9歳、47.2%女性)が対象となりました。


腹部の内臓脂肪・皮下脂肪量と脳の部位ごとの体積との関連を調べました。


結果として、以下の内容が示されました。


・内臓脂肪が多いと多くの部位(灰白質全体、白質全体、海馬、前頭皮質、側頭葉等)での脳体積が減少していました。


・内臓脂肪量増加の影響は女性の方が、男性よりも大きくなっていました。


・皮下脂肪に関しても、脂肪量の増大は脳体積の減少と関連を示していました。


要約:『中年期における内臓脂肪・皮下脂肪の増加は脳体積の減少と関連している』


他の多くの要素が関連するかもしれませんが、脳の状態を保つ上で、脂肪量の調整は大切であると思われました。



もりさわメンタルクリニック:https://www.morisawa-mental-clinic.com/

rTMS治療:

YouTubeチャンネル(オンライン講座):https://www.youtube.com/channel/UCd8RS50q_Ol_x82AL9hhziQ

閲覧数:16回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page