top of page

自殺関連行動を認めた後の死亡率


今回は、自殺に関連する行動(高度の自傷や自殺企図)があった後、経過にどのような影響があるのかを調べた研究をご紹介します。


Determinants and Outcomes of Suicidal Behavior Among Patients With Major Depressive Disorder

うつ病における自殺関連行動の決定要因と予後


スウェーデン, ストックホルムのデータ(the Stockholm MDD Cohort)に基づく研究で、単極性うつ病の158,169人が対象となりました。


自殺関連行動があったうつ病と、なかったうつ病を比較して、その後の死亡率がどのように異なっているのかを調べました。


結果として、以下の内容が示されました。


・うつ病の1.4%に自殺関連行動を認めました。


・自殺関連行動があったうつ病の経過では、ない場合のうつ病と比較し、2.6倍の全体死亡率となっていました。


・経過に影響していた要因として、若い年齢、パーソナリティ障害や物質障害、睡眠障害の合併等がありました。


要約:『自殺関連行動があった場合には、(合併疾患の影響もあるが)その後の全体死亡率が上昇する』


一度でも自殺に関連する行動を認めたうつ病では、合併する症状に留意しながら、慎重に経過をみる必要性を感じました。




もりさわメンタルクリニック:https://www.morisawa-mental-clinic.com/

rTMS治療:

YouTubeチャンネル(オンライン講座):https://www.youtube.com/channel/UCd8RS50q_Ol_x82AL9hhziQ

閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentarios


bottom of page