top of page

自閉症に合併する精神疾患の有病率


自閉スペクトラム症では、ADHDやうつ病、全般性不安障害、睡眠障害等、様々な精神疾患(障害)が併存、あるいは2次的に合併することがあります。


今回は、自閉症(autism)でどのくらいの割合で併存・合併症が認められるのかを調べた分析(メタ・アナリシス)をご紹介します。


Prevalence of co-occurring mental health diagnoses in the autism population: a systematic review and meta-analysis

自閉症における合併する精神疾患の有病率


自閉症に合併する疾患についての研究96本が今回の分析に含まれました。


結果として、以下の内容が示されました。


・合併(併存)率は以下のようになっていました。

ADHD:28%

不安障害:20%

睡眠/覚醒リズム障害:13%

秩序破壊的・衝動制御・素行症群:12%

うつ病:11%

強迫性障害:9%

双極性障害:5%

統合失調スペクトラム障害:4%


要約:『自閉症(あるいは、自閉スペクトラム症)では、多くの合併(併存)症を伴う可能性がある』


自閉症(自閉スペクトラム症)においては、生活に与える影響が2次障害の方が大きい(すくなくともそのように見える)ことも多く、状態像を多くの側面からみる必要性を感じました。



もりさわメンタルクリニック:https://www.morisawa-mental-clinic.com/

rTMS治療:

YouTubeチャンネル(オンライン講座):https://www.youtube.com/channel/UCd8RS50q_Ol_x82AL9hhziQ

閲覧数:17回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page