top of page

自閉症の画像診断に関する可能性


自閉スペクトラム症に関して、様々な脳の画像検査上の特徴が指摘されてきましたが、今のとこ多くの議論があり、一致した見解に至っていません。


今回は、自閉症スペクトラムの画像診断が可能か、様々な診断基準のしくみ(アルゴリズム)を用いて調べた研究をご紹介します。


Insights from an autism imaging biomarker challenge: promises and threats to biomarker discovery

自閉症の画像所見による尺度


2,000例以上の画像データについて、146の診断する仕組み(アルゴリズム)を用いて診断を行い、その正確さを調べました。


そのうち、ベスト10に選ばれたアルゴリズムは統計数値のAUC(Area Under the Curve)

で0.80に近い数値で、現在入手可能な遺伝的な診断よりも高い精度となっていました。


要約:『MRI画像による診断は、アルゴリズムによっては、診断の参考となり得るかもしれない』


認知症ほどではないかもしれませんが、将来的には自閉スペクトラム症の診断において、画像検査が一定の地位を占める可能性が考えられました。



もりさわメンタルクリニック:https://www.morisawa-mental-clinic.com/

rTMS治療:

YouTubeチャンネル(オンライン講座):https://www.youtube.com/channel/UCd8RS50q_Ol_x82AL9hhziQ

閲覧数:9回0件のコメント

Comments


bottom of page