自閉症スペクトラム障害における不登校の背景


自閉症スペクトラム障害がある場合には、通常よりも学校を欠席する日数が多いことが指摘されています。


今回は、オーストラリアにおける自閉症スペクトラム障害の不登校について、その背景を調べた研究をご紹介します。


Child and Parental Mental Health as Correlates of School Non-Attendance and School Refusal in Children on the Autism Spectrum

自閉症スペクトラムの子どもにおける欠席・登校拒否と本人・親の精神状態の関連


就学年齢の自閉症スペクトラムの子どもを持つ親106人が対象となりました。


インターネット上で、学校の欠席日数、家族要因、子どもの不安、両親の精神状態について質問を行いました。


結果として、以下の内容が示されました。

①平均4週間で6日間の欠席がありました。

②主な理由として、病院の予約が最も多く、他に具合の悪さ、登校拒否、両親が許可した休み等がありました(Table2)。

③影響した背景として、両親の就業状態、両親のうつ・不安・ストレス、子どもの不安が考えられました(Table3)。


つまり、“自閉症スペクトラムでは学校の欠席日数が比較的多く、様々な理由があるが、両親の就業や精神状態も影響する可能性がある”と言えそうです。


子どもの不登校を考える時には、両親の就業(家庭の経済状況)や精神状態も考慮に入れる必要性を感じました。


閲覧数:41回0件のコメント