top of page

若年者の自殺企図は夜間に増加する


睡眠に関する衛生と、自殺企図との関連が指摘されることがあります。


今回は、若者の自殺企図や希死念慮に関する発表(SLEEP 2023: the 37th Annual Meeting of the Associated Professional Sleep Societies)についてご紹介します。


・11~18歳の精神科病棟に入院している165人(72%が女性)に直近の自殺企図の時間帯を尋ねると、58%が夜間、35%が昼間、7%が朝と答えました。


・部分的入院のプログラムを終了した12~15歳の61人(61%が女性)に1日3回、EMAs記ecological momentary assessmentsと呼ばれる記録法を用いて調べると、昼間の遅い時間に希死念慮が増していました。


要約:『若者において、希死念慮の自覚と自殺企図のタイミングは必ずしも一致しておらず、自殺企図は夜間が半数以上である』


自覚される希死念慮だけではなく、他者の目があるかどうか等、自殺企図の遂行に影響する様々な要素があると考えられました。



もりさわメンタルクリニック:https://www.morisawa-mental-clinic.com/

rTMS治療:

YouTubeチャンネル(オンライン講座):https://www.youtube.com/channel/UCd8RS50q_Ol_x82AL9hhziQ

閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page