top of page

親が若いとADHDが多くなる傾向がある


今までに親の高年齢と子どもの統合失調症や躁うつ、自閉症スペクトラム障害の関連が指摘されてきました。


今回は、親の若年と子どものADHDとの関連について調べた研究をご紹介します。


Parental Age and the Risk of Attention-Deficit/Hyperactivity Disorder: A Nationwide, Population-Based Cohort Study

両親の年齢とADHDのリスク


フィンランドにおける研究で、ADHDに罹患した10,409人と、比較としての健常者39,125人が対象となりました。


様々な条件をマッチさせて、ADHDの発症リスクに影響を与えている要素を探しました。


結果として、以下のことが分かりました。


・父親が20歳未満のとき1.55倍、母親が20歳未満の時1.41倍、子どものADHDが多くなっていました。


・親がより高年齢の場合には子どものADHDは少なくなっていました(例:母親が40歳以上の場合、ADHDの割合は0.79倍)。


要約:『両親のどちらかが20歳未満のときには、子どもがADHDを発症する可能性が上昇するかもしれない』


両親とも若い場合には、さらに発症リスクが高くなるというデータもあり、20歳未満の夫婦の養育においては、子どものADHD傾向についても注意が必要であると思われました。


もりさわメンタルクリニック:https://www.morisawa-mental-clinic.com/

rTMS治療:

YouTubeチャンネル(オンライン講座):https://www.youtube.com/channel/UCd8RS50q_Ol_x82AL9hhziQ

閲覧数:1,208回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page