認知症治療薬(メマンチン)の片頭痛に対する予防的効果


片頭痛で悩んでいる方は非常に多く、頭痛薬の効果が限定的なこともあり、生活の質を大きく低下させる原因になります。


今回は、認知症の治療薬であるメマンチン(メマリー)が片頭痛に対して有効か調べた研究をまとめて分析した結果をご紹介します。


Role of memantine in the prophylactic treatment of episodic migraine: A systematic review

片頭痛発作に対するメマンチンの予防的効果


2020年末までの片頭痛に対するメマンチン使用に関する論文を調べ、基準をクリアした4つの研究(183人の参加者を含む)を分析に含めることにしました。


結果として、以下のような内容が示されました。

①4つの研究すべてで、メマンチンを使用した場合に明らかな片頭痛発作の日数や重症度の軽減を認めていました。

②主な副作用は眠気、鎮静、吐き気で、いずれも重篤なものではありませんでした。


つまり、“メマンチンを服用していると、片頭痛発作の回数や痛みの軽減という予防的効果を認める可能性が高い”と言えそうです。


片頭痛に関しては、発作時や予防も含めて多くの薬剤が提案されていますが、効果があまりはっきりしない場合もあり、安全な選択肢が増えることは望ましいと思われました。

閲覧数:32回0件のコメント