top of page

身体拘束に関する人種差別


精神科医療において著しい不穏や体動があり、そのために治療が困難で、患者の生命に危険が及ぶおそれが切迫している場合等に、身体拘束という手段が選択されることがあります。


その要件として、「切迫性」「非代替性」「一時性」の3つの要件を満たすことが必要とされており、日本でも身体拘束ゼロに取り組んでいる精神科病院があります。


今回は、人種差別が身体拘束のあり方に影響を与えているのではないかという内容の研究をご紹介します。


Race-Based Disparities in the Frequency and Duration of Restraint Use in a Psychiatric Inpatient Setting

身体拘束の使用頻度・期間に関する人種差別


12歳以上の入院患者(29,739人)が対象となり、人種と身体拘束の頻度・期間との関連を調べました。


結果として、以下のことが分かりました。


・人種と身体拘束の有無との間に関連を認めました。(白人との比較でオッズ比で示すと、黒人:1.85倍、混血1.36倍)。


・身体拘束の期間についても、黒人で拘束期間が長くなっていました。


要約:『身体拘束の頻度や期間に、人種の影響を認める可能性がある』


身体拘束の必要性の判断に、原則に基づく適応以外の要素が、影響している可能性が考えられました。



もりさわメンタルクリニック:https://www.morisawa-mental-clinic.com/

rTMS治療:

YouTubeチャンネル(オンライン講座):https://www.youtube.com/channel/UCd8RS50q_Ol_x82AL9hhziQ

閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page