top of page

迷走神経刺激療法(VNS)をうつ病治療に補助的に用いた効果


薬剤に対する反応が不十分な薬剤抵抗性のてんかん発作に対して、迷走神経刺激療法 vagus nerve stimulation (VNS) が用いられることがあります。


今回は、今回はうつ病に対して、VNSを補助的に用いた場合の効果を調べた研究をご紹介します。


A 5-Year Observational Study of Patients With Treatment-Resistant Depression Treated With Vagus Nerve Stimulation or Treatment as Usual: Comparison of Response, Remission, and Suicidality

治療抵抗性うつ病に迷走神経刺激療法を用いた場合の5年間の観察研究


4種以上の治療が奏功しなかった中等度以上のうつ病患者795人が対象となりました。


VNSを追加したグループと、通常の治療のみのグループに分けて経過を観察しました。


結果として、以下の内容が示されました。


・5年間の累積反応率(症状尺度で50%以上の軽減)でVNS 67.6% vs 通常治療のみ 40.9%と、VNSを追加した場合の方が改善が多くなっていました。


・寛解率についても同様に、VNS 43.3% vs 通常治療のみ 25.7%と、VNSを追加した場合の方が寛解する場合が多くなっていました。


要約:『迷走神経刺激療法(VNS)は治療抵抗性うつ病の症状軽減に貢献できる可能性がある』


通常はてんかん発作の抑制に使われる方法ですが、通常の治療に追加する選択肢として効果が期待される内容でした。




もりさわメンタルクリニック:https://www.morisawa-mental-clinic.com/

rTMS治療:

YouTubeチャンネル(オンライン講座):https://www.youtube.com/channel/UCd8RS50q_Ol_x82AL9hhziQ

閲覧数:219回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page