top of page

過活動膀胱に対する会話プログラムの効果




泌尿器系の疾患として知られている“過活動膀胱”では、トイレの回数が多くなったり、尿もれがあったりして日常生活や精神面でも支障が出ることが経験されます。


今回は、過活動膀胱に対して会話プログラムでの治療を行い、効果を調べた研究をご紹介します。


Use of a Digital Conversational Agent for the Management of Overactive Bladder

過活動膀胱の管理におけるデジタル会話プログラムの効果


今回使用されたデジタル会話プログラムは膀胱トレーニングや骨盤底筋等の機能を高めるためのエクササイズのやり方を指導したり、膀胱に関する健康教育を行う機能を持っています。


過活動膀胱のある29人が8週間の研究期間を完遂し、その効果を調べました。


結果として、以下の内容が示されました。


・今回用いられた過活動膀胱の尺度において、プログラムの使用前後で明らかな改善を認めました(ICIQ-OAB-QoLという尺度で62→32)。


・他にも夜尿、尿もれの減少を認めました。


要約:『エクササイズの指導などを行うプログラムで、過活動膀胱の症状が改善する可能性がある』


このようなプログラムを利用することで、過活動膀胱の改善に有効なトレーニングの週間を生活に取り入れやすくなる可能性が考えられました。


閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page