top of page

銃乱射事件の心理社会的因子と精神科診断

◎要約:『銃乱射を行った背景には未治療(もしくは不適切治療)の精神疾患と顕著な孤立状態が存在する可能性がある』



日本でも時々銃を用いた事件についての報道がみられますが、こういった事件の当事者の精神科診断等の背景はどのようなものなのでしょうか?


今回は、アメリカにおける銃乱射事件について、心理社会的因子や精神科診断を調べた研究をご紹介します。


A Retrospective Observational Study of Psychosocial Determinants and Psychiatric Diagnoses of Mass Shooters in the United States

銃乱射事件の心理社会的因子と精神科診断


銃乱射事件のデータベース(The Mother Jones databas)を元にして、1982~2019年に起こった115件の事件を対象としています。


分析の対象となったのは銃乱射を行った55人(35人は生存、20人は事件で死亡)で、生存者については司法手続きの過程で、各種の精神科的評価が行われています。


結果として、以下の内容が示されました。


・銃乱射犯のほとんど(87.5%)では誤診(と不適切な治療)が行われているか、全く診断(と治療)を受けていませんでした。


・大部分では、家族、友人、級友等からの顕著な疎遠状態に置かれていました。


・また、それに伴って対人関係の欠乏と未治療の精神疾患の悪化を認め、ネット上における言動の先鋭化が生じていました。



(精神疾患が治療されない背景として)精神科治療への繋がり難さについて改善を図る必要性を感じました。

閲覧数:13回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page