麻薬性鎮痛薬の使用とうつ病で共有される遺伝的傾向


因果関係のしくみは明確ではありませんが、オピオイド(麻薬性鎮痛薬)の使用とうつ病・不安障害等との関連が指摘されてきました。


痛みとうつ病とは合併することも多く、単純な対処的行動として鎮痛薬の使用を理解することも可能と思われます。


今回は遺伝的傾向として、麻薬性鎮痛薬に頼りやすい傾向とうつ病やストレス性精神疾患には関連性があるのではないかという内容の研究をご紹介します。


Prescription Opioid Use and Risk for Major Depre ssive Disorder and Anxiety and Stress-Related Disorders

A Multivariable Mendelian Randomization Analysis

麻薬性処方薬とうつ病・不安・ストレス障害発症リスクの関連


大規模な遺伝子データベースを用いた研究で、737,437人の遺伝子情報が分析の対象となりました。


メンデルランダム化という遺伝的なランダム化を手法とする研究で、遺伝的な傾向の関連性を調べています。


結果として、より多くの麻薬性鎮痛薬の処方を必要とする傾向は、うつ病に関しては(処方の増量1単位に対して)1.14倍、ストレス関連障害に関しては同様に1.24倍のリスク上昇を示していました。


うつ病になると身体症状が多くなり、処方量も増えるというような推測される関係性以外にも、現象の背景に共通の遺伝的素因がありそうです。


#うつ病

20回の閲覧0件のコメント
〒790-0005 愛媛県松山市花園町4-12
和光ビル2F 
TEL:(089)997-7670 FAX 997-7671
Copyright © もりさわメンタルクリニック  All rights reserved.