4つ以上の健康習慣で認知症が大幅に(6割)減少


健康的に過ごせば、それだけ寿命が伸びるし、認知症にもなりにくい。


そんなことは承知しているけれど、色々なことをがまんしたり、嫌なことをしたりしてまで、長生きもしたくない……そういう話もよく聞きます。


実際に、やらない方が良いこと、したほうが良いことの情報は氾濫していて、全部取り入れたら、窮屈な生活になりそうな気もします。


今回は、この種の提案としてしては、かなりシンプルな結果となっています。


Healthy lifestyle and the risk of Alzheimer dementia

Findings from 2 longitudinal studies

健康的な生活様式とアルツハイマー病のリスク


別に行われた2つの経過観察を行うタイプの研究のデータを用いています。凡そ6年ほどの経過観察期間で、合わせて600人ほどの参加者を得ています。


まず、ここで効果を調べている健康的な習慣は以下のようになります。

①タバコをすわない

②1週間に2時間半の運動

③軽い飲酒

④野菜や全粒粉、豆、オリーブオイル、魚、鶏肉等が中心の食事(地中海式ダイエット)

⑤高齢になっても知能を使った活動を保つ


以上の習慣のうち、2~3個できていると37%、4~5個だと60%アルツハイマー病のリスクが低下するという結果になりました。


生活全般に及ぶ習慣が多いですが、4つできて6割減というはかなりお得な結果であるように思われました。


#アルツハイマー病

55回の閲覧
〒790-0005 愛媛県松山市花園町4-12
和光ビル2F 
TEL:(089)997-7670 FAX 997-7671
Copyright © もりさわメンタルクリニック  All rights reserved.