ヘッドフォン型装置で不安・うつ・不眠を改善する


アメリカのFDAでCervellaという名前のヘッドフォン型治療装置が承認されました。(写真は実物とは異なります)

使用には処方が必要で、脳に微弱な電流を流すことで不安・うつ・不眠を改善します。

A Non-Drug Alternative for Treatment of Anxiety, Depression, and Insomnia.

不安・うつ・不眠に対する薬物を使わない治療

この装置は頭蓋を介した脳の電気刺激装置で、現在までのところ、目立った副作用は認められておらず、臨床試験で有効性と安全性が確認され、今回の認可に至りました。

スマートフォンのアプリケーションで操作を行い、モニターされた患者のデータを治療者と共有する機能もあります。

メーカーとして腐心されたところでもあるようですが、確かに通常のヘッドフォンと見た目は同じで、外で装着したときにも他者の視線を集める心配が少なそうです。

製品サイトでは、SSRIなどの抗うつ薬の効果がなかった場合や副作用が強くて使えなかった場合の治療選択肢としてすすめられています。

しくみとしてはDefault Mode Network (DMN)と言われる脳の同調を司るネットワークや神経伝達物質のレベルを変化させる働きがあるようです。

1回のセッションは30分で、速やかに改善の効果を認め、繰り返すことによって長期的な改善効果も期待できるとのことです。

今後、日本で使えるようになったら試みる価値のある装置であるように感じました。

#うつ病

0回の閲覧
〒790-0005 愛媛県松山市花園町4-12
和光ビル2F 
TEL:(089)997-7670 FAX 997-7671
Copyright © もりさわメンタルクリニック  All rights reserved.