top of page

ADHDの高齢者における自動車事故




ADHDと自動車事故との関連は以前から指摘されてきました。


今回は、特にADHDの高齢者における急ブレーキ、違反等の事象を調べた研究をご紹介します。


Motor Vehicle Crash Risk in Older Adult Drivers With Attention-Deficit/Hyperactivity Disorder

ADHDの高齢者における自動車事故


65~79歳の2,832人が対象となりました。44か月間の自動車に装備された記録機器からのデータを用いて、急ブレーキ等の事象を調べました。


結果として、以下の内容が示されました。


・ADHDがある場合には、急ブレーキのイベントが7%増加していました。


・自己申告で、違反切符の発行を伴う違反が102%増加していました。


・自己申告で、自動車事故は74%増加していました。


要約:『ADHDのある高齢者では、急ブレーキや事故等の危険な事象が増加する可能性がある』


加齢による運動能力や反射速度の低下等に、ADHDの不注意や衝動性が加わると、より危険性が高まる可能性が考えられました。




もりさわメンタルクリニック:https://www.morisawa-mental-clinic.com/ 

rTMS治療:

YouTubeチャンネル(オンライン講座):https://www.youtube.com/channel/UCd8RS50q_Ol_x82AL9hhziQ 

閲覧数:10回0件のコメント

Comments


bottom of page